クロスバイク

クロスバイク コンフォートモデル.jpg

概要

クロスバイクとはロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置し、両方の利点を取り入れたのもの。

基本的に、軽量で強度のあるフレームと、フラットバーハンドルを使用し、タイヤがロードほど細くないものを呼ぶ。

また、フロントフォークにサスペンション機構が組み込まれているものも多い。(サスペンション;振動を吸収する機構のこと。)

 

注意したいのは、ロードとマウンテンバイクの「中間」と言っても中間のどの位置に置くか、というのは

メーカーのコンセプトによって異なる、という点である。

使い方

本来、オフロード(凸凹の道)へは行かないけれどロードレーサーほど段差や路面状況などを気にせず走りたい、通勤や通学、チョットしたツーリングをしたいといった人向けの入門用のスポーツ自転車である。

しかし、ものを選べば十分ツーリングに行くことができる。

こんな人におすすめ

☆10万円を超える自転車は買えそうにない。

☆ドロップハンドルは怖い。

☆デザイン重視!(…つまり選択肢が多い。)

価格

クロスバイクと呼ばれる自転車は、非常に安い価格のものからある。 非常に安いものは、街乗り用に作られたもので、強度・性能の面で劣ると考えてよいだろう。

参考

(参考であって絶対にこれを買えというわけではありません。追加したいメーカーがあったらご自由にどうぞ)

ANCHOR:ブリヂストンのスポーツサイクルブランド。すべては、日本のライダーのために。

  • UF5 \59,800
  • UC5 \69,800

Cannondale:安田大サーカス団長も大好きキャノンデール。

  • BAD BOY \79,800

CENTURION:MTB寄りのクロスバイク。サスペンションがついています。

  • CROSS LINE 50 \57,750

COLNAGO:クロスバイクにおいてもやはり高級です。

  • WINDY ¥147,000
  • em ¥115,500

GIANT:安定の安さ、GIANT。

  • ESCAPE R1 \75,600

SPCIALIZED:アメ車。”Innovate or Die”

  • Sirrus Sport \70,000