マウンテンバイク(MTB)

800px-Bianchi.JPG

概要

マウンテンバイクとは、舗装路はもちろん、ダウンヒル,クロスカントリー等のマウンテンバイク競技や、荒野、山岳地帯などでの高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応した自転車です。
フレームやその他パーツが丈夫に出来ています。また、サスペンションがついているのも特徴の1つで、前だけについてるものを「ハードテール」、前後についてるものを「フルサスペンション」と呼びます。
また、よく街中で見かけるMTBっぽい自転車は「MTBルック車」というJIS規格も別の自転車ですので、MTBと間違えて買わないように注意しましょう。外見はMTBに似ていますが、中身はママチャリに限りなく近いです。

使い方

MTBといっても、登り重視、下り重視、ジャンプ重視、などほんとに様々な種類があります。

  • 重さは、ハードテールのクロカン系なら大体9~12kg位です。
  • サスペンションがロックできるものは、サスペンションによるロスを無くす事ができます。
  • タイヤをスリックに替えれば、舗装路はスイスイ走れます。
  • ダボ穴ついてるのが多いです。
    以下おすすめの人

☆ダートも舗装路も、とにかくいろんなところを走りたい人

☆振動吸収など、快適性重視でツーリングしたい人

☆楽な姿勢でツーリングしたい人

☆5~10万円くらいに抑えたい人

☆ウィリーやバニーホップなどのトリック(技)をしたい人

☆里山を探検したい人

☆マウンテンバイク競技や、日々のトレーニングをやりたい人

☆下りでスピード出すのが好きな人

価格

他の自転車同様ピンキリですが、4万円台からあります。
一般的に、フルサスペンションのMTBはハードテールに比べて全体的に価格は高いです。
価格が新車で1~3万円台のものはほぼ間違いなくMTBルック車です。
10~15万円以下の入門向けはたくさんあります。
使う用途によって買う際は選びましょう。

参考

GIANT

  • Rock (¥42,000) 衝撃の4万円台。さすがGIANT。

TREK

  • 8.3 DS (\62,000) ツーリングにおすすめ。

SPECIALIZED

Cannondale

  • FLASH F2 (\249,000) Leftyといって片方しかフロントフォークがありません。