ランドナー

概要

シクロクロスなどと同じように、ランドナーは大雑把に言えば「ワイルドカード」です。舗装路も未舗装路も、それなりに走れることが最大の魅力です。
一口に「ランドナー」と言っても、実は様々なバリエーションがあります。ランドナーの定義は曖昧ですから自己申告制として、このページでは抽象的に「ツーリングを目的に作られた自転車」について説明します。

写真

皆さんもランドナー様を愛でましょうツーリング車の写真を挙げて普及に努めましょう

rdn1.jpg
rdn2.jpg
rdn3.jpg
rdn4.jpg
rdn5.jpg

使い方

とにかく旅に出たい人。競技の場でランドナーは非力ですから、ツーリング専用車と割り切ることが大事です。
ツーリングに向いている理由は以下の通りです;

  • 多くの場合、乗り心地を重視したフレームやホイールが使われています。
  • 荷物の過積載で自転車が壊れることはほとんどありません。キャリアが先に壊れます。
  • 乗れば乗るほど好きになります(主観)。
  • ダートに行ける自転車の中では、舗装路でかなり早い部類に入ります(主観)。

特徴

  • カンチブレーキ
    制動力が弱いブレーキですが、長期ツーリングのときは「泥詰まりしない」「泥除けを装着できる」「メンテナンスが簡単」といったメリットがあります。
  • 鉄製フレーム
    フレーム素材はクロモリかスチールが使われます。アルミやカーボンなどに比べ重くなりますがその分頑丈で、特にクロモリは特有の柔らかい乗り心地が味わえます。
  • 泥除け
    泥除けは皆のために。雨を避けられない長期ツーリングでは泥除けは大きな力となります。重くてかさばるのが欠点ですが…。
  • ヘッド抜き輪行
    「ランドナー」「スポルティーフ」と呼ばれる自転車のうちには、ヘッド抜き輪行といって、フレームからハンドルとフォークを抜いて輪行できるものがあります。
  • ダブルレバーによる変速
    特にヘッド抜き輪行をする自転車では、変速機はハンドルではなくフレームについています。ダブルレバーによる変速は見た目は難しそうですが、慣れてしまえば簡単で、直感的です。
  • ハンドル
    ドロップハンドルの中でもランドナーバーと呼ばれる、肩が丸くて体重をかけやすいハンドルが使われることが多いです。

種類

タイヤの大きさで分別されることが多いです。

650A(650B)ランドナー

ロードバイクより小さめの規格のホイールのランドナーです。ホイールが小さいのは、小柄な日本人に合わせるためです。かつては最も一般的な形のランドナーでしたが、今では最も手に入りにくい車種です。この規格のタイヤやチューブを取り扱っている自転車屋さんは少なくなっていますから、旅先で自転車の不具合があったときはちょっと困るかもしれません。実はいざとなれば、ママチャリ用のタイヤを履かせることができるのも650Aの特徴です。

スポルティーフ、700Cランドナー

ロードバイクと650Aランドナーの間に入るような自転車です。舗装路をより軽快に走ります。ホイールはロードバイクと同じ700Cですから、部品供給に問題はありません。もちろん、ちょっとした未舗装路なら走れますから、普段は舗装路だけ、という方にお勧めします。

26HEランドナー

26HEはマウンテンバイクのホイール規格です。世界中、どこでも手に入ることが大きな魅力ですが、更にマウンテンバイク用の太いタイヤは乗り心地が良く、長く走っても疲れにくい自転車です。スピードを出す自転車ではないのですが、マウンテンバイクのギアを使っていますから大量に荷物を積んでも、こぎ続ける事が出来るでしょう。

キャンピング車

同じ26HEでも「キャンピング車」、いや寧ろ「グレートジャーニー」というジャンルの自転車が活躍しています。どこでも手に入るマウンテンバイク用部品で固め、コストパフォーマンスも高いので「とりあえず日本一周したい」という奇特な方に大人気です。

パスハンター

フラットバーと軽めのギアを装備し、泥よけを排してトレイルに特化させた自転車です。リジッドフォークのMTBに近いものですが、サスペンションが無いため舗装路でも十分に走れて、広めのダイヤモンドフレームのおかげで肩(首)に担ぎやすいことが強みです。

オーダー

オーダーのランドナーは特に値段が高く手に入りにくいものですが、つくば市でもオーダー車を組んでくれるお店はあります。自分の好きなように仕様を決められるので正答といえば正答ですが、一台目の自転車をオーダーすることはあまり薦められません。どういう自転車が自分に向いているのかわからないからです。ネットの一部では「一台目こそ自分にあったサイズのオーダー自転車で」という主張もありますが、一台目から1cm単位のサイズの違いに気付く人はそうそういません。

購入に際して

市場がとても小さいため価格は高めです。また、流通が少なくなっていますから、納車に時間がかかります。購入を考えている人は早めに上級生に相談してみてください。