JAPAN CUP Challenge Race

JAPAN CUP Challenge Race

IMG_1894.JPG

日時

10/17(土) 9:50 出走

参加者

Kanta

概要

宇都宮市で行われるビックレースJAPAN CUPに付属したチャレンジレースに出てきます。

レース内容

宇都宮市森林公園の周回コースを2周して距離20.6km、獲得標高400mを走るレースです!
大会HP

リザルト

グループ1:6位入賞、総合:6位入賞
リザルト
STRAVA GPSログ

レポート

今回のレースは、スリッピー&テクニカルなダウンヒルも含まれるコースで
さらに雨の中のレースということもあり、集中力が求められるレースでした。
スタート位置は、前から3列目真ん中と良い位置からのスタートでした。

IMG_1900.JPG

(五郎丸選手もいます!(笑))

短距離のレースということで、結果を出したい選手は、先頭から離されまいと
スタート直後から肩をぶつけあうほどの激しい展開!
なんとか、第一集団後方で古賀志林道のヒルクライム区間に進入。
(ちなみに、ここの勾配はつくばでいえば、朝日峠より少しきついくらい。
距離は1kmちょっと、90mを一気に駆け上がる。)

どうかチェーンが落ちませんようにと祈りながら、インナーへ
前日の整備のおかげで、気持ちいいほどスムーズなシフトチェンジができ
そこからは、落ちてくる選手をパスしながら、前を追う。
頂上での先頭との差はたぶん、200mほど。

そこからは、あまり自信のないダウンヒル区間、恐る恐る無理せず、とはいえレーススピードで下る。
途中でコーナー開けで落車している選手にヒヤッとしたりしながらも、無事に下りきり
5人ほどの第2集団で、前を追う。
森林公園通りのアップダウン区間に入ってすぐ第一集団に追いつき、大きめの集団のまま2周目に突入。

森林公園駐車場の上りを越えたあたりで、HONDAかどこかの選手一人が抜け出そうとアタックをかけるが
集団も、それを許さず集団のペースが上がる。
古賀志林道の上り初めで、目の前の選手がチェーンが落ちて急減速するも
ギリギリのところでかわし、何とか第一集団20人ほどの最後尾あたりで登りきる。
しかし、上位選手のダウンヒルにはついて行けず、下りきったころには、500m程離れてしまった。
どうにか追いつこうと平坦区間でもがいていると
後ろから来た選手が「一緒にお願いします!」と協調体制を持ちかけてくれた。
2人で先頭交代しながら、また、森林公園通り入り口で第一集団に追いつき
集団後方で、追いつくのに使った脚を休めてゴールスプリントに備える。

ラスト2km、位置取り争いが激しくなってき始めるも
いつもより落ち着いて、集団の状況が見れて、徐々に集団右側の真ん中ほどまで上がっていく。
この位置取りがスプリントの時に効いてきた。
ラスト1km一段とペースも上がり、早く集団から抜け出したい衝動をどうにか押さえて集団内にとどまる
果樹園手前から一気にペースアップ、ゴールが少し上っているのを考えて
いつもより軽いギアでスプリント勝負に入る。
おかげで最後まで、力尽きずに踏めたので、2,3人をパスしてゴールすることができた。
軽いギアにしておいたおかげで最後まで踏んでいけたのだけれど

後から考えるともう少し重いギアで踏んでいけたかなとも思う。
スプリントの仕方など誰から習ったわけでもないので、合っているのかあやしいものですが
とりあえず、後輪が跳ねてトラクションが抜けてしまう点は、早急に改善が必要なのは明らかでした。

ゴール後、2周目一緒に先頭集団を追いかけた選手に声をかけてみると、なんと中学生
ちなみに優勝したのも、中学生でした。ちょっとくやしい気持ちもありましたが
日本のこれからの自転車競技に明るい未来を感じました。
と、曖昧な記憶でレポートを書いてみました。最後までお付き合いありがとうございました!