re:大洗あんこう鍋ラン

多くの要望を受けて、昨年悔やまれつつも雨天中止になったあんこう鍋ランがついに帰ってくる!!!!!

41期主催最後の週末ライドは足を延ばして大洗に行っておいしい高級あんこう鍋を食べて暖まろう!!!!

某戦車アニメの巡礼の時間もしっかりと確保したいので帰りは水戸駅から輪行にします。

ナイトランのご用意を忘れずに。あんこう鍋は一人2700円。電車賃は972円(IC利用)。グッズ代は5000円以上。

 

ルート

ルートはあくまでも参考です。また、大洗から水戸駅まで、土浦から大学までそれぞれ10kmちょっとあるのですべての行程で80kmくらいです。

参加者

しゅうぞう(企画)、よーろー、nozomi、そうた、みのーつ、pj,sibasaki,kimura

報告

目が覚めた。前日はバイトで深夜まで起きていたにもかかわらず目覚めは良い。楽しみにしている時だけちゃんと起きられる自分を褒めながらカーテンを開ける。外はまだ完全に日が昇っているわけではないが、それでもわかるほどの快晴。去年の中止からずっとこの瞬間を待っていた。企画者は朝飯としておにぎりを胃に押し込み意気揚々と出発。ちなみにあまりにも寒すぎたために途中の岩瀬駅まで車で行くことにしたことは内緒である。岩瀬駅前の市営駐車場に一日の駐車料金300円を支払い駐車。土曜日の早朝にもかかわらず駐車場には多くの車が。こんな気持ちのいい冬空の下なら外出したくなるのも当然である。車から愛車を取り出し慣れた手つきで車輪を装着。駅の前を通る高校生から視線を感じながらスタート。思っていたより空気は暖かく、これは走っているうちに暑くなるだろうなと思いながら十分すぎるほどの厚着で国道50号を快走する。国道50号は岩瀬以降基本的に道も広く走りやすい。土曜日の朝ということもあってトラックも少ない。10時半には余裕で大洗に着くな、早く着いたら一足先に観光してようなどと一人で考えながらペダルを回していた時に”その瞬間”は訪れた。

パーーンッ

突然朝の国道に鳴り響いた破裂音が自分の自転車の後輪から発せられたものだと理解するのに時間はかからなかった。

――やってしまった。――

 

釘でも踏んだのか?タイヤは無事か?一瞬で頭の中が色々な不安で埋め尽くされた。とりあえず歩行者の邪魔のならないところまで退避しようと思った。そこで完全に空気圧が0になった後輪を確認。落ち着け。まだ復活の可能性はある。そう言い聞かせて後輪を外してみた・・・・

dsc_0736

 

あ、これ完全にダメなやつだ

実は走っている最中にパンクをするという経験はこれが初めてであったが、本能がそう企画者に語り掛けていた。タイヤも完全に裂けておりまず修復は不可能。もちろん替えのタイヤなど用意してあるわけがない。8時30分の国道50号で立ち尽くす企画者。おそるおそるサイコンを確認してみると走行距離は3キロ。この一年何のために耐えてきた?お前のあんこう鍋に対する想いはそんなものか?自問自答を繰り返す。これ以上行程を滞らせると全体に支障が出てくる。休みすぎは良くない。

――もう答えはでてるな。――

そう呟いて企画者は振り返って岩瀬駅へ歩を進めていった。何故か心の中は穏やかだった。それもこの冬空の下だったからなのだろうか。ただこれだけは読者諸君に伝えておきたい。

サイクルジャージ着てるのに自転車押して歩いてるとすれ違う人たちに超見られます。恥ずかしい。お嫁にいけない。

死んだ顔をしながら三キロ歩いてそのまま帰宅。全指揮権はよーろーにゆだねました。報告を聞いたところ、当初予定していたお店には入れず、別のお店であんこう鍋に舌鼓を打ったようです。全然うらやましくなんかないもんね。

最後にまとめですが、皆さんは日頃の行いは良くしましょうね。こういう不運な出来事は連続するといいますしね。皆さんが同じような目に合わないように心から祈っています。

 

―追伸―

今回のようにタイヤがバーストした際は、クリアファイルの切れ端を両面テープでタイヤに張り付けるという手段が応急処置としては良いらしいです。あくまでも応急処置なのですぐ自転車屋で替えのタイヤを買う必要はありますが。

他にもレシートを挟んだりも有効なのではないでしょうか。