1/21学連TRS第4戦@伊豆ベロドローム

こんにちは。43期競技担当になった横山裕司です。このホームページでの競技活動の報告を今まではやってきていませんでしたが、今年からは大会や合宿の予定や報告を行っていきたいと思います。よろしくお願いします。

1/21に大会に参加してきました。今回は学連(日本学生自転車競技連盟)主催のトラックレースシリーズの第4戦です。場所は東京オリンピックでも自転車のトラック競技の会場となる、静岡県修善寺にある日本サイクルスポーツセンター内の室内250メートルトラック、通称伊豆ベロドロームです。
筑波大からは横山(社会2年)、斎藤(人文1年)、山崎(工シス1年)、古賀(地球1年)の4人が出場しました。今回の大会では一人につきタイム計測種目とレース種目一つずつに出場することができます。タイム種目では選手権大会出場資格となる基準タイムを突破を目指し、横山、斎藤は4㎞個人追い抜き、山崎、古賀は200mFTTに、レース種目では4人ともクラス3のポイントレースに出場しました。

タイム種目では、それぞれ4㎞では5’15”0、200mFTTでは12”0を切ると、学連の選手権大会への出場権を獲得することができます。以下、今回の記録です

200mFTT 山崎 12″69 古賀 12″03
4km個人追い抜き 横山 5’18″634 斎藤 5’04″226

今回はトラック競技初出場の古賀が初めてながら奮闘し基準まで0.03秒まで迫りあと一歩でした。
そして斎藤が、こちらも計測は三回目にして基準を大きく上回るタイムを記録しました!


これで現在基準を切っている部員は大庭と斎藤の二人となりました。次の選手権大会は5月の東日本学生自転車競技選手権トラックになります。

レース種目のポイントレースでは中盤から横山、斎藤、古賀と東海大学の選手一人に戦闘集団は絞られ、数的には有利の状況となりましたが、東海大学の選手にポイントを重ねられ横山2位、斎藤3位、古賀4位に終わりました。

 

 

(写真提供:深井文浩様 @fu_fu_1509)

これからもレースや練習の報告をしていこうと思いますのでよろしくお願いします。