7/27-28白馬クリテリウム

7/27-28白馬クリテリウム

筑波大学より2名の昇格!

7月27−28日の連日、長野県白馬村にてJICF主催のRCS第4戦白馬クリテリウムラウンドが行なわれた。台風の影響で中止も危ぶまれた大会であったが、天気に恵まれ?大会開催が主催側から発表された。

筑波大からは4年星野、3年岡田横山、2年大庭齋藤古賀、1年田中が参戦した。昇格の掛かる横山・齋藤、そしてRCS初参戦の大庭・田中がどのようなレース展開を見せるか楽しみであった。

集合写真
左から岡田、齋藤、古賀、横山、田中、大庭、星野 Photo by F.Fukai

波乱の幕開け

白馬クリテリウムのクラス3はインカレの出場権が得られる最後のレースだ。インカレ出場の切符を手に入れるべく全国各地から選手たちが参戦してくるのである。全てがうまく行くわけではない。勝てると思ってたら勝てなかったり、自信がない選手でも力の差で勝てたりと全レースにはドラマがある。
しかし、その傍ら落車も絶えないレースだ。特に今年含め前年度は2日とも雨の影響で路面のコンディションが悪い状態での出走をしないと行けない。そこで絶えないのが落車だ。今年度大会も落車が多く、落車に巻き込まれず己のレース展開へと持ち込めるかがキーポイントとなった。

レース1日目

クラス3A

筑波大からの第1出走はクラス3Aの横山、大庭がスタートする。レース開始から先頭集団を牽引する横山を追走する大庭という形でレースが進んでいく。5周目を終え、ポイント集会では横山が2番手でゴールラインを通過し、3点を獲得する。この3点がレースの最終順位に加わり、6位入賞を果たす。必死のパッチで食らいついた大庭はポイントの獲得はなかったものの初の学連レースで12位とますますの成績を残した。

ooniwa
初の学連レースを走る大庭 Photo by Y.Fujiwara

クラス3B

次に岡田と田中が出走。田中は初レースで集団についていくが結果ゴールまではたどり着かず未完走となってしまう。一方、岡田はポイントに絡むことはなかったが、集団に食らいつき19位で完走した。

集団を追走する岡田 Photo by F.Fukai

クラス3C

筑波大からは単騎出走となった齋藤、レース前には児玉監督から「明日はないと思って走れ」と喝を入れられる。レース開始から先頭集団を牽引する齋藤はポイント周回を3位で通過するとラスト3周から単独逃げを開始。皆の声援を援護に、持ち前の持久力を活かしてゴールラインを1位通過する。文句なしの逃げ切り優勝を決めた。

クラス3D

筑波大からは当日の最終出走となった星野、古賀がスタートを切る。星野はいつも通りのぷらぷらした走りをした挙句田んぼに突っ込み大幅なタイムロスし、未完走で終わる。方や古賀はスタートより大人しくしていたものの集団に張り付き、13位で完走する。

こがちゃん
集団にへばりつく古賀 Photo by F.Fukai

悔しいレースが続いた齋藤、念願の昇格

入部の頃から目紛しい成長をみせる齋藤は今大会の大目玉の1人。冬場にはトラック競技でのインディビジュアルパーシュートで基準記録を切り、既にトラックでのインカレ出場権を掴み取っている。

そんな齋藤は春先の大会から歯がゆい結果を連発し、毎回昇格まであと一押しのところを彷徨っていた。実力はある、けどレースになると少しのミスで昇格できないというケースは少なくない。OBの古殿もそうであったように。

そんな中今回の大会で作戦がどハマりし、昇格につながったのは本人含め、部員全員が嬉しく思う結果につながった。部内でトラックとロードの両方でインカレ出場を決めたのは現監督の児玉以来だ。

chingo
今までで初めてだという表彰台の頂上 Photo by T.Hoshino

レース2日目

歓喜の1日目を終え、2日目も同じようにレースが始まる。2日目は昨日と打って変わりおぼつかない天気が続いた。雨が勝利の女神になるのか、敗戦の将となるのかが気になるところである。

クラス3A

2日目の第1レース、岡田と田中が出走する。2日目はロードレース形式のため、前日のようにポイント周回はない。1番速い選手が勝つ。そんな中、岡田は集団を離さず16位で完走する。田中は集団につくものの、終盤離れてしまい未完走となった。しかし、両日ともいいところまで行く走りを見せた田中は今後の成長が見ものだ。

tanaka
集団復帰を試みる田中 Photo by F.Fukai

クラス3B

第2グループでは前日センセーショナルな走りを見せた大庭が出走する。力強い走りで入賞が予想された大庭であったが、2度の落車により入賞は阻まれる。しかし、その力強い走りとガッツは今後のレースで期待を呼ぶ走りとなるに違いない。

おおおおおおおおにわ
Photo by F.Fukai

クラス3C

のちに起こるドラマの前に星野が3グループ目で出走する。この日も集団に乗り切れず、未完走に終わってしまった星野。以後どこかのレースで結果が残せるのだろうか心配である。

ぽ
Photo by F.Fukai

クラス3D

第4グループの出走前に急に天気が悪くなり始めた。曇っていた白馬村も突然の豪雨が降り始める。このグループでは今季インカレまでの最後の昇格がかかる横山と古賀が出走する。この日も終始先頭集団を牽引する横山、古賀はその集団の後続で耐えのレースをする。

うまく集団を牽引し、慣れている雨の中でのレースを展開し運命の最終コーナーに差し掛かる。コーナーを好位置で抜けゴールスプリントを開始する集団の中でうまく切り抜けだのが横山だ。ゴールラインを1番で通過しなかったものの、後続を抑え昇格範囲内の2位でゴール。見事昇格とインカレへの切符を手に入れた。

古賀も集団に残り8位入賞を果たした。古賀も今後が楽しみな選手の一人だ。

まx
昇格をついに実感する横山 Photo by 信州ふぉとふぉと館

クラス2B

前日の昇格によりさっそくクラス2での出走となった齋藤は最初は集団の中盤をキープするものの、次第に厳しくなり未完走に終わる。しかし、まだ2年の齋藤は今後クラス2完走、またその上の結果が期待される。

ちんご
集団に食らいつく齋藤 Photo by 信州ふぉとふぉと館

ついについに

念願の昇格を果たした横山、ついに一つも目標を達成し、次のステップへを進んでゆく。彼の努力は部内でも認められるものであり、部内外でいつ昇格するのか毎レースドキドキとされていた。しかし、この昇格をきっかけにトラックでの基準切り、またその後のレースでの活躍に期待したい。

まx
クラス3D表彰台 Photo by T.Hoshino

 

 

以下選手のブログも要チェックである。

筑波大学体育会サイクリング部競技ブログ