【2018年夏合宿】日本海コース

参加者

Manba(担当)・DoyaNakamuraMorishitaFerTakamatsu

日程

2018/8/29 – 2018/9/4

日本海コースとは?

山形県山形市をスタートし,青森県弘前市を目指します。
全7日の行程のうち,半分は日本海側を北上していきます。
ヒルクライム的な要素はあまり盛り込まず,主に平地を進んでいくコースとなっています。

1日目

山形駅に集合し,新庄市を目指します。ウォーミングアップ的な位置付けです。

出発する前は雨が降っていて不安でしたが,しばらくしたら止んでくれたので出発することができました。

途中の道の駅には足湯がありました。

2日目

最上川沿いを横に見ながら下っていき,日本海側に出ます。

途中の道の駅では最上川の大きなカーブを見ることができました。天気が悪かったのが少し残念です。

日本海側に出たところにある山形県酒田市で,山居倉庫を見ていきました。

3日目

山形県から秋田県に入り,由利本荘市を目指します。

当初は仁賀保高原へのプチ(?)ヒルクライムをする予定でしたが,雨が降っていたのでManbaとNakamuraの2人だけで登ることにしました。
予想通り仁賀保高原の視界は悪かったのですが,霧の中にうっすら見える風車などがそれはそれで幻想的でした。
晴れたときにもう一度来てみたいです。

4日目

日本海側を北上し,男鹿半島に突入する日です。途中秋田県秋田市の市街地を通過します。

 

4日目にしてようやく晴れ間が見えるようになり,心地よく走れるようになりました。

お昼は秋田市街地で地鶏を食べました。

男鹿半島に入ると,巨大ななまはげが僕たちを出迎えてくれました。

5日目

男鹿半島の海岸沿いを一周します。この合宿の中で一番の山場でした。

前日はゲストハウスに宿泊しました。

美しい海岸線を進んでいきます。この日は前日に比べてさらに清々しい天気となりました。

再びなまはげが現れます。

アップダウンが激しく大変でした。

男鹿半島の先端である入道崎に到達しました。

この日は秋田県能代市の民宿に宿泊しました。

 

6日目

前日までは日本海側を北上し続けてきましたが,この日から内陸に入っていきます。

前日宿泊した秋田県能代市には防風林「風の松原」があり,この中をロードバイクで走ってみました。

2日目とは対照的に上り基調のコースとなっており,走行距離の割には体力を使いました。

7日目

合宿最終日です。青森県に入り弘前市を目指します。

秋田県と青森県の境に位置する「矢立峠」を通過します。

昼食はラーメン。

弘前市には「りんご公園」があり,一面に広がるりんご畑を見れました。

もうひとつの班と合流し,弘前城で記念撮影。

 

ということでゴールです。走行距離538km,獲得標高3512mほどのコースでした。

走行距離と獲得標高のまとめ

1日目 66.5km 252m UP
2日目 76.4km 187m UP
3日目 68.7km 834m UP
4日目 91.3km 392m UP
5日目 95.8km 990m UP
6日目 79.5km 449m UP
7日目 60.2km 408m UP
538.4km 3512m UP